カテゴリー : Design

Bertram570 Refit #3

バートラム570のリフィットは、船内での大工工事から、塗装に入りました。大事な下地作りの作業中。

工場では一段目の新設するステップの型を作成中。ステップ内には8ftのタグスティックを収納出来るレイアウト。長さがあるので、FRPの歪みを抑える補強スペースを確保して物入れを作成する。

The Bertram 570 refit project is now at the painting process on the boat. Painter is putting putty for important paint base.

Outside the boat, making the mold for first full beam step. The step will have storage for 8ft tag stick. It’s quite long, so it needs space for support for prevent warp.

Bertram570 Refit #2

バートラム570・メザニンシートRefitのハッチとシート受け部分と工事が進んでいる。今回はクッションを付けたままで、ハッチが開けられる機構。耐水合板の部分が背あてと座面のコネクション部分。

ボートで工事しなければいけない部分を優先し、塗装に引き継ぐ。塗装中に新設するハッチや収納ボックス、そしてフルビームのステップを工場で作成する。

It’s been a process of Bertram 570 Mezzanine Refit project. We design the hatch can be opened with cushion. The photo is the connection point of seat and back where is water proof veneer in the picture.

The construction on the boat such as modification and lamination using existing wall is priority things to do. After carpentry, paint job will be start. While painting on boat, hatches, storage box and full beam step will make in the factory.

既存の壁が歪んでいるので、ミリ単位で調整しなければいけない。

It has to be carefully adjusted by mm because existing wall are fairly rough.

 

Bertram570 Refit Kick Off #1

バートラム570のウエットバーをメザニンにRefit。よく「レストア」という言葉と聞きますが、船舶での改装・修繕は英語ではRefit(リフィット)の方がしっくりきます。

多数の線が集まってきて、色々な傾斜角度がついているので、『基準となる線』を決めるのが難しい。

現場の手を止めない用に、急ピッチで図面をおこしているが、若干後追いなので正確さを保ちながら急いで描きあげます。

Bertram 570 refit project kick off. The project is existing wet bat to Mezzanine.

It’s very, very hard to set up base line because there are many line coming and deck is angled and steps are angled as well.

Even design and drawing is processing, the construction is already started, so we will prepare the drawing quickly with accuracy.

図面で不具合があったので、急遽現場へ。大工さんと打合せ後、墨出し修正。

I found something wrong in the drawing, so I went to site to check it. After discussion with carpenter leader, it needed to modify the base line.

ハッチを受ける淵の高さでカット。

大工さんと密なる打合せをしながら、工法を組み立てて進めています。

Existing wall to be cut at the point of hatch front extension and wall point.

We have been discussing with carpenter leader in detail and design and building construction method.

Wood Veneer Sample

ボートインテリアにおいて重要、且つマジョリティを占めている「Wood」。木種の確認にショールームへ。

木種や板目・柾目によって様々ですし、ハイグロス仕上げ等のフィニッシュによって風合いが変わる。

プロジェクトの条件や、工法をトータルで考慮し、全体のバランスを調整しながらセレクトします。

The wood veneer is very important material in boat interior. We went to the showroom to check the wood.

There are many type of wood species and have wood original flat and straight grain figure. We can select the finish as mat or hi-gloss. It appears very different looks.

We have to select the wood based upon the site condition and consider the millwork construction.

PHAEDRA TOKYO meets Aston Martin

Phaedra Tokyoが展示されていたアトランティックカーズへ行ってきた。

Aston Martin とPhaedra Tokyoのブランドがうまい具合に混ざり合い、融合され新しい世界観が構成されていた。

この多様なファッションの作り込み方が勉強になりました。

I went to the Atlantic Cars showroom to see the fashion brand Phaedra Tokyo.

The showroom is mixed with Aston Marin’ and Phaedra Tokyo’s concept in creating new proposal of the world.

The fashion is very interesting way to design and create new things.

TOP